岩科学校

   明治13年(1880年)に完成したなまこ壁と社寺風建築の学校です。西洋建築様式を採り入れた造りは、松
  崎町の伝統的な建築手法と木造建築の傑作として伊豆地区最古の学校建築物として知られています。木造
  2階建ての寄棟造りで、建物は左右対称であり、外観は「なまこ壁」。正面玄関に掲げられてある「岩科学
  校」の扁額は、時の太政大臣三条実美(さんじょうさねとみ)の書で、その上の龍は入江長八が棟梁の
  「のみ」を借りて彫ったと伝えられています。

伊豆の松島とも呼ばれる堂ヶ島

次ページに続く

岩科学校の景観A jQuery image gallery

※岩科学校詳細
 所在地:静岡県賀茂郡松崎町岩科北側442
 お問合せ:0558-42-2675

詳細地図